ゼニカルの効果を徹底検証!

ちまたで話題の肥満治療・ダイエット薬の決定版「ゼニカル」!果たしてどれほどの効果があるのか…いざ検証!

メジャーと体重計

ゼニカルダイエットで大切なランチメニューの選択とは

肥満治療に用いられる薬の中でも、ゼニカルは海外の多くの臨床実験から、その有効性が証明されています。この医薬品は、従来の脳の神経伝達に影響を与える医薬品とは異なり、継続的な服用でも身体的な影響が低く、重篤な副作用が少ない事も利点とされます。ゼニカルの主要な成分は、小腸での消化酵素の働きに変化を与えるもので、リパーゼという酵素に限定して作用するタイプの医薬品である事から、安全性の高い肥満治療薬として普及しているのです。
ゼニカルの服用でダイエットを実行する際のポイントとしては、ランチなどでの炭水化物の摂取が挙げられます。ゼニカルは脂質のみの吸収をブロックするもので、ランチで選択しがちなパスタやうどん、パン類などの糖質は体内に吸収してしまいます。そのため、ゼニカルを服用するダイエットの場合でも、一定の糖質制限は不可欠な要素であり、糖質制限はこのダイエット法での注意点です。
また、ゼニカルを用いた減量では、下腹部などの部分的な脂肪を落とすことは困難です。食事から摂取した脂質の排出を促すゼニカルは、段階的な身体の痩身に効果的ですが、特定の部位の痩身を目的とした場合には、エクササイズが欠かせません。
下腹部に効果を発揮するエクササイズとしては、ジムでのマシンを使用した腹筋運動などが効果的ですが、自宅で行える運動としてはスクワットなどもあり、大腿筋を中心に、下腹部やヒップ周りなど、特に脂肪のつきやすい箇所を集中的にトレーニングする事が可能です。ゼニカルは脂肪を吸収させない働きに優れている医薬品ですが、ランチでの炭水化物の摂取には注意が必要なことに加え、下腹部などの部分的な痩身の場合は、エクササイズの併用が欠かせません。